+ プロフィール  + カテゴリ  + アーカイブ  + リンク 
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ポジャギのオリジナル手芸キット「ストラップ柄のポジャギ」


今回のオリジナル手芸キットは、
ストラップ柄のポジャギです。







秋の田園風景をモチーフに、今回のキットをデザインいたしました。
四隅に当て布を施したストライプ柄のポジャギです。

当て布は、補強はもちろんのこと、作品にアクセントを与え、
装飾的な表現ができる飾り布とも言えます。

一見シンプルなデザインにみえますが、
制作の際には、慎重さが求められる
作り甲斐のあるキットです。

ポジャギのオリジナル手芸キット「ヨイジュムンのテーブルセンター」


今回ご紹介するウォンミ・リー ポジャギの
オリジナル手芸キットは、ヨイジュムンの
テーブルセンターです。





紫陽花をモチーフにしました。



昨年いただいた1輪の紫陽花は、挿し芽にして
今年見事な大輪の花をつけました。
そのことがたいへん嬉しく、一輪一輪針を刺し、
テーブルセンターに仕上げました。

くりぬき技法のポジャギ


紹介するキットは、くりぬき技法の一枚仕立てのポジャギです。
くりぬき技法とは、本来布にできた穴や傷などをつくろうため
の縫い方の一つです。



くりぬき技法を使うと、一枚仕立ての作品表現に幅が広がります。





グリーン系の配色を透き通る生地で構成してみました。

森の奥から香るミズキやネズミモチなどの
可憐な白い花々をイメージしてみました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「風車柄のテーブルマット」


今回のテーマは、風車柄のテーブルマットです。



サイズの異なる三角ピースを組み合わせた風車柄のチョガッポで、
「サンカッポ」(三角ピースを使ったチョガッポという意味)の
ポジャギのオリジナル手芸キットです。



このデザインは、バイアスでずれやすく縫いにくいと思います。



キットを企画した頃、光輝くような青空と藤の花が咲いて
いたのが印象的で、それをイメージして生地選び、2種類
、キットをご用意いたしました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「市松模様のポジャギ」


今回のポジャギのオリジナル手芸キットは、
市松模様のポジャギです。



生地は、紐付きの袱紗のキットと同じもので、
花の模様が織られている光沢のあるシルクです。
今回は、4色の生地を市松模様にデザインして
みました。



四方には、絹糸でつくったタッセルをあしらいました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「オクサのチョガッポのタペストリー」


ポジャギのオリジナル手芸キットは、
「タペストリー型のチョガッポ」で
生地は、韓国シルクのオクサです。



仕立て方は両面巻きかがりですが、今回はその応用編として、
ご用意いたしました。



生地を合わせる縫い代に、リボンをはさんで巻きかがりで
仕立てます。

オクサの生地のもつコシがありつつ、透け感のあるシルクは、
リボンを間にはさんでも生地がよれず、はさんだリボンも透け
てみえることにより、縫い代に色味を加えたり、強調させたり
する事ができます。



今回は春らしくレインボーカラーのリボンに、
生地にホワイトと淡いピンクを選んでみました。

今が見頃の梅の花をモチーフに、春のあたたかい日射しを
感じるようなタペストリーに仕立てました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「福ジュモニ(小)」


今回のポジャギのオリジナル手芸キットは、
福ジュモニです。



ジュモニとは韓国語で巾着です。

この巾着は、
『福を呼び、福を包み、福を祈る。』
という意味があります。
韓服を着るとき、衣装の結び紐につけます。
いまでは、家に飾ることが多いと思います。



お好きな色味をお選びください。


ポジャギのオリジナル手芸キット「三角ピースの八角形のお膳かけ」


今回のポジャギのオリジナル手芸キットは、
三角ピースの八角形のお膳掛けです。



色合わせは、今が旬の果物の柿をイメージしてみました。
我が家の庭の柿をスケッチして三角ピースで構成してみました。



今までの教材でも三角ピースを使ったお膳掛けをご用意いたしましたが、
今回はその応用編となります。



このキットのポイントは、三角ピースを縫い合わせて、縁を
八角形に仕立てることにあります。
ちょっとしたコツがいりますが、ぜひ制作してみてください。

ポジャギのオリジナル手芸キット「オクサのチョガッポ」


今回紹介するポジャギのオリジナル手芸キットは、オクサのチョガッポです。
デザインは、今が旬のイチジクをイメージしてみました。



今回の韓布は、絹のオクサです。
薄くてハリがあるオクサは、一枚仕立てのポジャギづくりにむいています。
両面巻きかがり縫いで仕立てます。



オクサの作品は、ポジャギならではの「透けた感じ」
が魅力的です。



縫い代は3ミリで挑戦してみてください。
オクサの生地の質感を引き立てるには、細い縫い代が
求められます。
あわてず「一針一針」作品を仕上げてください。
それが綺麗に仕上げる一番のコツです。

ポジャギのオリジナル手芸キット「ヨイジュムンのテーブルランナー」


ご紹介するウォンミ・リーのポジャギのオリジナル手芸キットは、
ヨイジュムン(如意珠紋)のテーブルランナーです。



ヨイジュムン(如意珠紋)は、いくつかの輪を交差させた文様で
日本の七宝つなぎと似ています。
如意珠は、願いを成就する吉祥の文様です。



輪の生地の色と下地の生地の色を変えることで、
様々な表情を生み出すことができます。



第2回目のレッスンの教材「花びらつまみのお膳掛けのキット」の
「花びらのつまみ」は、この「如意珠紋」のアレンジでした。
作り方は一緒なので、皆様難しく考えず、制作してみてください。

© Wonmi Lee