+ プロフィール  + カテゴリ  + アーカイブ  + リンク 
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ポジャギのオリジナル手芸キット「夏空のモチーフのチョガッポ」

 

今回のポジャギのオリジナル手芸キットは、

夏空をモチーフにして、一枚仕立てのチョガッポに

いたしました。

 

 

 

暑い夏、一枚仕立てのポジャギは、

どんな生地を使っても涼しげで、

夏になるとこの技法で作品を

作りたくなります。

 

両面巻きかがり縫いで仕上げています。

 

 

 

モチーフは「夏空」です。

夏のキラキラと輝く日差し、モクモクとわき上がる雲。

そんな夏のイメージをチョガッポに仕立てました。

 

 

 

あわてず丁寧に「一針一針」作品を仕上げてください。

それが綺麗に仕上げる一番のコツです。

 

ポジャギのオリジナル手芸キット「ミニチョガッポ」


今回のウォンミ・リーのオリジナルポジャギ手芸キットは、
絹地と麻布をそれぞれ使ったミニチョガッポのキット2つです。


「ミョンジュのミニチョガッポ」

 

’ミョンジュ’という厚手の絹地を使用いたしました。


 

10色の布を自由に組み合わせてオリジナル作品に
仕上げていくキットになっております。



「モシのミニチョガッポ」

 

’モシ’という麻布を使用いたしました。


 

ミョンジュのミニチョガッポと同様に10色の麻布を
自由に組み合わせ、製作者それぞれのオリジナル作品
となるようにキットをご用意いたしました。
 

ポジャギのオリジナル手芸キット「三角連続柄のポジャギ」


伊豆に移住して8年目。
お正月の花といえば、まず椿が浮かびます。
この時期、山のやぶ椿が華やかに咲き誇ります。
今年も見事に咲いて、山道を彩っています。
もちろん椿は、私の好きなお花の一つです。



今回のキットは、そんな椿をモチーフに2色のシルクを
三角ピースで構成した三角連続柄のポジャギです。
四隅には、絹糸でつくったタッセルをあしらいました。



本年も季節感を大切にした針仕事を、ポジャギのキット
を通じて、皆様方にお届けしたいと思っております。


ポジャギのオリジナル手芸キット「菱つなぎ柄のポジャギ」


今回のウォンミ・リー ポジャギのオリジナル手芸キットは、
菱つなぎ柄のポジャギです。





4枚の直角三角形のピースをつかって、菱形に縫い合わせて
います。
正三角形のピースを縫い合わせるのと違うコツがございます。



黄色く色づく銀杏並木の様子を
織りと色の異なるシルクを菱つなぎに縫い合わせ、
デザインしたお膳掛けです。


ポジャギのオリジナル手芸キット「ストラップ柄のポジャギ」


今回のオリジナル手芸キットは、
ストラップ柄のポジャギです。







秋の田園風景をモチーフに、今回のキットをデザインいたしました。
四隅に当て布を施したストライプ柄のポジャギです。

当て布は、補強はもちろんのこと、作品にアクセントを与え、
装飾的な表現ができる飾り布とも言えます。

一見シンプルなデザインにみえますが、
制作の際には、慎重さが求められる
作り甲斐のあるキットです。

ポジャギのオリジナル手芸キット「ヨイジュムンのテーブルセンター」


今回ご紹介するウォンミ・リー ポジャギの
オリジナル手芸キットは、ヨイジュムンの
テーブルセンターです。





紫陽花をモチーフにしました。



昨年いただいた1輪の紫陽花は、挿し芽にして
今年見事な大輪の花をつけました。
そのことがたいへん嬉しく、一輪一輪針を刺し、
テーブルセンターに仕上げました。

くりぬき技法のポジャギ


紹介するキットは、くりぬき技法の一枚仕立てのポジャギです。
くりぬき技法とは、本来布にできた穴や傷などをつくろうため
の縫い方の一つです。



くりぬき技法を使うと、一枚仕立ての作品表現に幅が広がります。





グリーン系の配色を透き通る生地で構成してみました。

森の奥から香るミズキやネズミモチなどの
可憐な白い花々をイメージしてみました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「風車柄のテーブルマット」


今回のテーマは、風車柄のテーブルマットです。



サイズの異なる三角ピースを組み合わせた風車柄のチョガッポで、
「サンカッポ」(三角ピースを使ったチョガッポという意味)の
ポジャギのオリジナル手芸キットです。



このデザインは、バイアスでずれやすく縫いにくいと思います。



キットを企画した頃、光輝くような青空と藤の花が咲いて
いたのが印象的で、それをイメージして生地選び、2種類
、キットをご用意いたしました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「市松模様のポジャギ」


今回のポジャギのオリジナル手芸キットは、
市松模様のポジャギです。



生地は、紐付きの袱紗のキットと同じもので、
花の模様が織られている光沢のあるシルクです。
今回は、4色の生地を市松模様にデザインして
みました。



四方には、絹糸でつくったタッセルをあしらいました。

ポジャギのオリジナル手芸キット「オクサのチョガッポのタペストリー」


ポジャギのオリジナル手芸キットは、
「タペストリー型のチョガッポ」で
生地は、韓国シルクのオクサです。



仕立て方は両面巻きかがりですが、今回はその応用編として、
ご用意いたしました。



生地を合わせる縫い代に、リボンをはさんで巻きかがりで
仕立てます。

オクサの生地のもつコシがありつつ、透け感のあるシルクは、
リボンを間にはさんでも生地がよれず、はさんだリボンも透け
てみえることにより、縫い代に色味を加えたり、強調させたり
する事ができます。



今回は春らしくレインボーカラーのリボンに、
生地にホワイトと淡いピンクを選んでみました。

今が見頃の梅の花をモチーフに、春のあたたかい日射しを
感じるようなタペストリーに仕立てました。

© Wonmi Lee