+ プロフィール  + カテゴリ  + アーカイブ  + リンク 
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[#45]ポジャギのオリジナル手芸キット「チュンポのホッポ」

 

ご紹介するウォンミ・リーのオリジナル手芸キットは

「チュンポのホッポ」です。

 


 

生成りのチュンポです。

 

 

 

「チュンポ」は「春布」の意味で、

苧麻とミョンジュの二つの糸で織られた生地です。

 

 

 

「チュンポ」は一般の苧麻と比べ、生地にしなやかさと独特の風合いを持ち合わせております。

 

[#8]ポジャギのオリジナル手芸キット「虹柄のお膳かけ」

 

今回ご紹介するウォンミ・リーのポジャギ手芸キットは、 

虹柄のサンポです。今回は3種類ご用意いたしました。

それぞれ生地と色が異なります。

 

 

 

 

 

この虹柄はムジゲポと言います。同様のパターンが、パッチワークの「ログキャビン」でもございますが、

その作り方はまったく異なります。このチョガッポは、手縫いの巻きかがり縫いで仕立てます。

 

 

 

一つ一つのピースを巻きかがり縫いで順番に丁寧にかがっていきます。

すると綺麗な虹柄が浮かびあがります。

 

 

 

表地と裏布は、巻きかがり縫いで仕上げております。

 

この3種のムジゲポの縁には、鮮やかなピンク糸を使用し

サンチムを施しております。

 

ウォンミ・リーのポジャギレッスン通信講座の受講中の方、

ウォンミ・リーのポジャギレッスンクラスの皆さまは、

このキット見本の写真イメージをよくご覧になり、

制作の参考にしてください。

 

[#44]ポジャギのオリジナル手芸キット「風車柄のテーブルランナー」

 

ご紹介するウォンミ・リーのオリジナル手芸キットは

「風車柄のテーブルランナー」です。

 

 

 

パターンは三角ピースを使った風車柄。

 

 

 

透け感がある薄い絹地のノバンを表地に、

 

 

 

裏地に模様入りの絹地のスッコサを使用して

これからの季節にあうようスッキリとした風合いの

テーブルランナーにデザインいたしました。

 

 

 

我が家から望む

緑が萌え出る伊豆の山並みを

モチーフに仕立てました。

 

[#43]ポジャギのオリジナル手芸キット「矢羽根柄のポジャギ」

 

 

ご紹介するウォンミ・リーのオリジナル手芸キットは、

「矢羽根柄のポジャギ」です。

 

 

 

三角ピースの矢羽根柄のサソンポです。飾り縫いのサンチムも施しました。

 

 

 

「サソンポ」とは、三角ピースを使ったチョガッポのことです。

 

 

 

満開の桜をイメージしてデザインいたしました。

 

 

 

縁のカラーバリエーションは、3色ございます。

色の組み合わせは、生徒さまご自身でお選びください。

 

[#42]ポジャギのオリジナル手芸キット「格子柄のホッポ」

 

今回ご紹介するウォンミ・リーのオリジナル手芸キットは、

「格子柄のホッポ」です。

 

 

 

「ホッポ」とは表と裏それぞれに二回巻きかがり縫いをして

接ぎ合わせた一枚仕立てのチョガッポ・ポジャギのことです。

 

 

 

冬から春へと移り変わるさまを

格子柄で表現してみました。

 

 

 

縁のカラーバリエーションは4色ご用意いたしております。

色の組み合わせは、生徒さまご自身でお選びください。

 

[#41]ポジャギのオリジナル手芸キット「格子模様のテーブルランナー」

 

この度ご紹介するウォンミ・リーのオリジナル手芸キットは、

「格子模様のテーブルランナー」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透け感が特徴のハリのある生地です。

四隅には、房飾りを施しております。

 

[#25] ポジャギのオリジナル手芸キット「チョガッポのランチョンマット」

 

今回ご紹介するウォンミ・リーのオリジナルポジャギ手芸キットは、

「チョガッポのランチョンマット」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチョンマットやテーブルマットとしてお使いできるように

洗っても型くずれしにくい生地を選びました。

カラーバリエーションは2種類ご用意いたしました。

 

[#40] ポジャギのオリジナル手芸キット「カタツムリとログキャビンパターンのホッポ」

 

 

今回ご紹介するウォンミ・リーのオリジナルポジャギ手芸キットは、

「カタツムリとログキャビンパターンのホッポ」です。

 

 

 

ホッポとは、両面巻きかがり縫いの一枚仕立てのチョガッポのことを言います。

もちろん裏地はございません。

 

 

 

このデザインは以前紹介したカタツムリ柄にログキャビン柄を組み合わせ

アレンジしたものです。

 

かたつむり柄のお膳かけ

http://blog.beniden-studio.com/?eid=48

 

 

 

1枚仕立てのホッポを寸法どおりに仕上げるには、

二つのポイントに注意しなくてはいけません。

 

 

 

教室ではこの点を中心に学んでまいります。

 

 

[#5]ウォンミ・リーのポジャギレッスン通信講座の教材「韓国伝統の針山」

 

今回のウォンミ・リーのポジャギレッスン通信講座の教材は、

第2期<テーマ5>から「韓国伝統の針山」のご紹介です。

カラーバリエションは写真イメージをご参考にしてください。

 

 

 

上品な質感と厚みのある韓絹地ミョンジュを使用しております。

 

 

 

針山をお花に見立て、5枚の布それぞれ片側にサンチムを施して

花びらを表現し、メドゥプの結び玉を中心に使用し花芯としました。

 

 

 

一見難しそうですが、このキットは韓国手芸小物を親しみやすく、

より簡単に制作できるよう、私の制作体験からキット内容を

一つ一つ工夫し、ご用意いたしております。

 

この完成イメージとともに同梱の縫い見本と練習布を使って

針山を制作してください。

 

[#4]ウォンミ・リーのポジャギレッスン通信講座の教材「袱紗(結び紐つき)」

 

今回はウォンミ・リーのポジャギレッスン通信講座の教材の中から

第2期<テーマ4>の教材「袱紗(結び紐つき)」のご紹介です。

今回の教材のカラーは紫色バージョンとなります。

 

 

 

韓国の袱紗は、結び紐がついております。

この袱紗をイェダンポと言い、婚礼などの慶事でのご祝儀を包むポジャギです。

 

 

 

今回はリバーシブルで使えるよう紫色と灰色の2色の絹地を使用しております。

 

技法は巻きかがり縫い、くけ縫い、サンチムの三種類。

 

シンプルなデザインで、正確で丁寧な針目を実践、習得することを

目指したオリジナルの手芸キット教材です。

 

私の縫い見本と練習布をご参考の上、一つ一つ丁寧に仕立ててください。

 

<テーマ4>の教材「袱紗(結び紐つき)」色違い仕上がりイメージ。

http://blog.beniden-studio.com/?eid=30

 

© Wonmi Lee